SHUSEI GRAPH Written by Shusei Kurasawa

NFTとは?なぜ何百万もの価値が付くの?わかりやすく解説【完全初心者向け】

NFT

 

NFTに興味がある人「NFTって2021年流行語大賞にもノミネートしてたね。最近よく聞くようになったけど、一体どういうものなんだろうか。仮想通貨が絡んでるらしいし、ただの画像に価値があると言われても何だか怪しいなあ。ぶっちゃけ稼げるの?」

こういった疑問に答えます。

NFTとは、ブロックチェーン技術を使って、デジタルデータを唯一無二なものして証明できる仕組みです。(データがコピーされてもコピーだとわかります)今回は「NFTって何なの?」って方向けにわかりやすく解説していきます。

この記事を書いている私は、NFT投資歴1年、現在はフリーランスとして活動しています。

NFTとは何か?

まず初めに、2021年3月にデジタルアーティストBeepleによる画像のコラージュがオークションハウス史上初の6900万ドル(約75億円)で販売されました。以下がその画像です。

Beeple氏のjpegファイル(デジタル画像)

Beeple氏は存命する高額作品を作成したアーティストの第3位にランクインしているそうです。

これをきっかけに、今までコピーが可能であるがゆえに価値がないと思われていたデジタル上の画像に価値があるものとして、世界中で注目されることになりました。

ではNFTとは何か?何の略か?

NFTとはNon-Fungible Token(非代替性トークン)の略です。

NFTを理解するためにはこの「代替可能性」を理解する必要があります。これだけだと難しくてよくわからないと思うので説明します。

  • 例えばあなたが普段使っている500円玉は、他の人の500円玉と交換しても全く同じ500円玉として扱いますよね。これを代替可能と言います。代替可能なものとは、その価値が独自性に結び付けられてはいません。
  • 反対に、モナ・リザの絵って唯一無二の存在ですよね。例え、そっくり再現されているものがあったとしても偽物として認定されます(偽物が本物として流通してしまうことはあると思いますが…)。これが非代替という意味です。代替不可能なものとは、相互に互換性が無く、固有の価値を持つものを言います。

つまりざっくり言うと、NFTとはブロックチェーンの技術を使うことにより、デジタルデータを唯一無二な存在として証明出来るようにしたものを言います。

以下はNFTの具体的な活用例です。

  • ゲーム内のアイテム
  • アート
  • 音楽
  • スポーツ
  • コレクターズアイテム
  • 会員権
  • 不動産
  • 担保ローン
  • その他(ツイート、オンラインチケットなど)

NFTは本当に何百万もの価値があるのか?

NFTは、物理的な作品が価値を保持するのと同じように、デジタル資産としての価値を持っています。そのため物理的なアートと同様に、価格は主に市場の需要によって決まります。

たとえば、

Twitter社CEOのジャックドーシーの最初のツイートは290万ドル(約3億円)で販売され、レブロンジェームズのスラムダンクのビデオクリップは20万ドル(約2000万円)以上で販売され、10年前の「Nyan Cat」GIFは60万ドル(約6000万円)で販売されました。

Twitter社CEOのジャックドーシーの最初のツイート

 

またイーサリアムの「最古のNFTプロジェクト」であるCryptoPunksは希少価値が最も高いものになると1000万ドル(約11億円)弱の値が付きます。

CryptoPunks

 

ほかにも事例をあげればキリがありません。

では何故ここまで高額で取引されるほど盛り上がっているのか?

・希少性

NFTは物理的な資産と同様に、在庫が限られています。ブロックチェーンの技術によって、人為的に在庫を絞ることが可能となり、希少性を持つようになりました。例えば、購入したいスニーカーが残り一足と表示されていればあなたが感じる希少性の感覚は高まり、高値でも買いたいと思うでしょう。

・アーティストに対する支援

従来のマーケットとは異なり、NFTは、作品を販売するために仲介者の必要がなくなります。アーティストは自分の作品を直接購入者に販売し、またアーティストは販売後の二次流通からも手数料収入を得ることが出来るため、より多くの利益を確保することが可能となりました。このようにアーティストを直接応援しやすい仕組みが整ったことも熱狂する要因の一つでしょう。

✓二次販売のロイヤリティに関して、理解を深めたい方はこちらの記事へ

・コミュニティの存在

NFTはしばしば巨大なコミュニティを形成します。例えば、Bored Ape Yacht Club(BAYC)という猿の絵のNFTは会員カードの機能を兼ね備えています。会員の大きな特徴として、著名人や所有者がコミュニケーションを行うdiscordのグループチャットに参加することができます。こういったクローズドな空間であるコミュニティの存在が、BAYCのカルト的な人気に拍車をかけています。

NFTの有用性

では実際、NFTはどのような有用性があるのか?

NFTの有用性を説明すればキリがないですが、ここではゲームを例に説明します。

ゲームの可能性を広げる

通常のゲームでは、ゲームで使用するアイテム(衣装、キャラクター、土地、ゲーム内通貨など)を購入したり、プレイの報酬としてもらうことができます。

しかしゲットしたアイテムを第3者に売却したり、またほかのゲームプラットフォームにおいて使うことはできません。

一方で、NFTを利用すればこれらの障壁がなくなります。つまりゲットしたアイテムを他者に売却することができるし、ほかのゲームプラットフォームで使うことができます。

アイテムが自由に売買できるようになれば、ユーザー側の利便性が高まり、企業側のマネタイズ方法の幅も広がります。

結果として、「稼ぐためにゲームをする(play-to-earn)」という概念が生まれます。今までは「遊ぶためにゲームをする (play-to-play) 」でした。

つまり今まではたくさんゲームに課金しようが、1日中ゲームに時間を費やして貴重なアイテムをゲットしても経済的な利益は一切生みませんでした。

しかし 「稼ぐためにゲームをする人(play-to-earn)」 の時代になると、ゲームをプレイすることが直接お金に変わります。

お金の稼ぎ方は多種多様で、ゲームをプレイして貴重なアイテムをゲットすることにより利益を得る人。アイテム自体を作成して利益を得る人。市場でアイテムの購入と売却をすることにより利益を得る人。現実世界と同じように、ゲーム内でもさまざまなお金の稼ぎ方が生まれることでしょう。

以上、NFTがゲームの可能性を広げることについて説明しました。

「ゲームなんかしてないで勉強しなさい」から「勉強なんかしてないでゲームしなさい」と言われる時代がくるかもしれませんね。

現在はバブルなのか?購入リスクについても解説

 

一部の専門家は、NFTは単なる流行であり、必然的に破裂するバブルにつながると主張しています。確かに一時的な流行である可能性は常にあります。NFTは過渡期なので、一部のNFTは何十倍にも価値が膨れ上がる一方、多くのNFTは存続するか、価値が無くなる可能性があります。NFTに大金を注ぎ込んだ結果、大きな損失を被る可能性があることは注意しておくべきです。

また有名なアーティストによって作成されたかのように偽装し、販売する詐欺も横行しています。NFTは新しい市場であるため、暗号通貨と同様に法整備が追い付いていない面が多いです。

購入する際には上記のリスクがあることを頭に入れておいてください。

※バンクシーの作品に似たNFT 偽物$900,000で売却

ただし私自身はNFTの盛り上がりが一過性のものではないと思っています。アクティブなNFTの購入者と販売者のコミュニティ全体は、インターネット標準ではまだ小さく、依然として100万人をはるかに下回っています。NFTのこれからの可能性に期待したいです。

NFTはどこで購入できるか?

NFTはマーケットプレイスと呼ばれるプラットフォームから購入することができます。

なおNFTマーケットプレイスのほとんどが日本円での取引に対応していないため、取引所でイーサリアム等の暗号通貨を購入する必要があります。また購入するプラットフォームには固有のウォレットが必要であり、そのウォレットに暗号通貨を入れておく必要があります。

詳しい購入方法については、別記事(こちら)を参照して下さい。

以下、代表的なプラットフォームとその概要です。

【海外】

  • OpenSea:世界最大のマーケットプレイス。基本的に誰でも出品できるため、出品数や取引額が圧倒的な規模を誇ります。初めてNFTを触る際には、こちらがおすすめです。
  • Nifty Gateway:有名ブランド、アーティスト、アスリートに焦点を当てた作品が多いです。そのためハイグレードな高額作品が多いです。
  • Rarrible:アートNFT専門。Raribleを利用することで、インセンティブとして独自のRARIトークンを受け取ることができるといった特徴があります。

【国内】

  • CoincheckNFT:まだまだコンテンツ数が少ないですが、国内ではこちらがおすすめです。

 

最後に

「NFTの概要をもっと知りたい!」って方はこちらの動画がおすすめです (`・ω・́)ゝ