MENU
【必見】副業で月収20万以上稼ぐには?今、稼げる副業を発信中詳しくはこちら

公務員試験の勉強期間は?開始時期はいつから?間に合わない、終わらない可能性も!順番は何から始める?

  • URLをコピーしました!

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

公務員試験の勉強時間や期間はどれくらいか?開始時期はいつからが良いのか?始める時期によっては間に合わない、終わらないという可能性もありますが、そのときの対策についてはどうしたら良いのか?について書いてみました。

目次

公務員試験の勉強時間や期間はどれくらい必要なの?

大学1年2年はさほど公務員試験はして来なかったけれど、一体みんなはいつから勉強を始めているのでしょうか?

実際に勉強を始めた平均の時期を調べてみました。

大学生が公務員試験を開始する時期で多かった意見は「大学3年の夏ごろから」です。

その理由は、夏休みを利用して予備校に通い始めるということらしいです。

予備校に行けば同じ試験に向けて勉強する仲間に出会えるので、お互いよい刺激になりますね。

そんな中、3年の冬からようやく勉強を開始しても公務員試験にあっさりと合格する人もいます。

要するに、勉強の開始時期は影響をしないということがわかりますね。

やる気と集中力によって結果は付いてくるというものなのでしょう。

出典公務員試験の勉強は大学生ならいつから始めるべきか、教えます | 知っとく.com

公務員試験の勉強を始める時期というのはいつからが多いのでしょうか?平均ということで言うならば筆記試験を受ける1年くらい前からということになると思います。

公務員試験の勉強はいつから良いのか?というと、そのときに重要なのは筆記試験の問題の難易度です。公務員試験の筆記試験の難易度は大学受験と比べると大分簡単です。

見慣れない科目などもあるのですが、それを含めてもそんなに難しい科目は少ないです。また、捨て科目といって、そもそもほとんど勉強しないという科目を作ることも可能ですし。

ただ、公務員試験の筆記試験の難易度が高いと言える部分はやはり科目数の多さです。科目数が多く、最大で30科目近くになることもあります。

したがって、公務員試験の勉強時間は人によって違う部分もありますけど、勉強の期間としては1年間を見積もっておけばとりあえず少ないということはないと言えると思いいます。

大学受験よりも各科目の難易度は低いが、科目数が多すぎるというところが特徴的なので、その点を理解したうえで公務員試験の勉強時間を考えていくと良いと思います。

1日あたりの勉強時間にもよりますけど、公務員試験の勉強の開始時期に関しては大学3年の夏くらいから始めると、本番の1年くらい前となるので良いのではないか?と思います。

ただ、これは目安なので正解ではないということは知っておきましょう。公務員試験の勉強はいつから始めるべきか?は他にもいろいろな要素によって決まってくると思いますから、そこについても知っておきましょう。

公務員試験の勉強時間は実際は人によって結構違う

実際は公務員試験に受かる人の勉強開始時期は様々なのです。大学二年からしている人もいれば、大学三年の四月からしている人もいますし、大学三年の秋、冬からという人もいます。中には大学四年の春からという人もいます。実際、私は某公務員試験の面接試験で、大学四年の四月から勉強を始め、学科試験に合格したという人に会ったことがあります。

つまり、「せめて一年間は」などというものは存在しないのです。一年勉強して落ちる人もいれば、三か月で受かる人もいます。

たとえ他の受験生よりも勉強開始時期が遅くても、勉強の集中力や、効率などでいくらでも逆転できるのです。

出典公務員試験っていつからやれば間に合うの?|公務員試験応援ブログ

公務員試験の勉強時間に関しては人によって違うということが言えます。それこそ1年以上前から勉強期間を用意して対策をしている人もいますが、逆に3か月、4ヶ月くらいしか勉強していないのに、それで受かるという人もいます。

だから、公務員試験の勉強時間に関しては効率性も大切ということになります。効率的な勉強ができれば数か月で合格圏内に持って行くことも不可能ではありません。

また、教養試験と専門試験がまずあって、それにプラスして論文や記述式の専門試験がある場合もあります。この中で全てが課されるとは限らないので、自分が受ける試験種の筆記試験の内容によって、必要な勉強量が変わるので、そこも公務員試験の勉強の期間においては決定打になることもあります。

公務員試験の勉強期間においては自分が受ける試験種をまず確定させることが重要ですし、逆にいろいろな試験種を受けられるようにするために、教養と専門と論文など、いろいろな筆記試験の勉強をしておくという対策をするのも良いと思います。

公務員試験の勉強時間についてはそういった感じで、そもそもそれぞれでやるべき勉強量が違うということになるので、1年間を目安にすべきなのは教養、専門、論文などを全てやる場合で、それを全部やる必要がないときにはもっと少なくて良いのではないでしょうか?公務員試験の勉強期間としては半年や3か月でOKという場合もあると思います。

公務員試験の勉強の順番は何から始めると良い?

公務員試験の勉強の順番はどういったものが良いのでしょうか?公務員試験の勉強の順番に関してはこれといった決まりがあるわけではありません。

ただ、最初にやっておいた方が良い科目というのはあります。その1つが憲法です。憲法は法律科目の中の1つになりますけど、公務員試験の勉強では法律科目をいくつも勉強しますが、その中で憲法は基礎になる科目です。

つまり、公務員試験の法律科目というのは憲法の知識を基礎として展開されているため、最初に憲法を学んでおいた方が、他の法律科目を勉強するときにスムーズに頭に入るということになります。

したがって、公務員試験の勉強の順番は?というときには憲法は最初の方に始めると良いでしょう。公務員試験の勉強の開始時期というのは人によって違います。

1月からという人もいれば、2月からとか、それこそ7月からとか、夏頃から始める人もいますが、開始時期にかかわらず、公務員試験の勉強の順番として憲法は最初の方に始めておくと良いと思うのです。

また、数的処理はどの試験種でもほぼ出ますし、出題数が多いです。だから、1日で多くの時間を割かないといけないわけではないものの、1日数問ずつでも良いので解く癖をつけていく必要がありますし、公務員試験の勉強の順番では最初から始めておいた方が良いと思います。

公務員試験の勉強は何から始めたら良いのか?に関してはこういった部分があるので、公務員試験の勉強の順番を考えるときには参考にしてほしいと思います。

公務員試験の勉強は何から始めると良いのか?というのはやりやすい科目を選ぶ人が多く、憲法はだいたい選ばれやすいですけどね。

逆に数的処理や経済原論は後回しの人が多いのですが、こういった科目は苦手な人も多く、時間もかかるので、最初の方からやっておいた方が良いと言えば良いと思います。

公務員試験の勉強が終わらない、間に合わない原因とは?

公務員試験は出題範囲が広いので、通常の勉強時間ではとてもすべての分野を自信があるまで勉強することはできません。

そもため試験が近づくにつれて勉強が間に合わないと思ってしまい、どんどん焦ってくるでしょう。

公務員になりたいという人は毎年全国でたくさんの人が受験をするので、倍率も相当高くなってきます。

そのため公務員試験は毎回厳しい戦いになりますが、それだけ他の人は勉強時間を作って頑張っています。

受験を経験した人の多くは毎回徹夜でも勉強した経験があるはずなので、公務員試験を受験する人も同じように勉強をしているはずです。

もし自分が試験日まで逆算して勉強時間が足りないと思ったら、とにかく勉強時間を増やす努力をしましょう。

勉強が間に合わないと思うのは勉強時間が足りないからなので、勉強時間を増やす努力をすることも試験合格には必要なことです。

必死になれば時間を増やすこともできるので、悩む前に行動しましょう。

出典公務員試験の勉強が間に合わない時にできる対策はコレ! | 時事ネタ斬

公務員試験の勉強が終わらないで焦りが生まれてくるということもあります。公務員試験の勉強が間に合わないとなると、それは合否に大きな影響を与えることになります。

公務員試験の勉強が終わらないと感じると、やはりかなり厳しいのですが、原因としては勉強量が少ないということになると思います。

ただ、この勉強量というのは、1日あたりの勉強量が少ないというよりは、トータルのかける期間が短いという可能性もあるのです。

つまり、もっと長い期間を見積もるべきだったのに、例えば3ヶ月しかないとか、6ヶ月しかないとか、それくらいの期間では厳しかったのに、勉強を始めるのが遅いということです。

公務員試験の勉強が終わらない原因としてはそういったところにあります。公務員試験の勉強が間に合わないと感じると焦りの気持ちもあると思いますけど、公務員試験の勉強は始める時期というのも重要なのです。

公務員試験の勉強の開始時期によって余裕のある勉強ができる人とそうじゃない人がいますから。公務員試験の勉強が終わらないと感じてからでは遅いので、本当は公務員試験の勉強の始める時期は6ヶ月とか、3ヶ月とかではなく、1年間くらいは見積もってほしいわけですけど、始めてしまった後に公務員試験の勉強が終わらないと気付いたのならばしょうがないです。

とれる選択肢は限られています。公務員試験の勉強に焦りが出てきたら、今年受ける場合には1日の勉強量を今まで以上に増やすしかないでしょう。

来年受けるという手もありますが、1つ歳をとるので、そこが気がかりかもしれません。だから、できれば今年受けたいならば、公務員試験の勉強が間に合わないと感じた時点で、勉強の量を増やしていくしかないと思います。

大学受験時の勉強した科目により必要な勉強時間は変わる

大卒レベルの公務員試験の教養試験へ向けての勉強期間は、大学受験で多くの科目を受験していてその知識が残っている人、または数的処理が得意である人なら、3ケ月もあれば可能かもしれません。教養試験のための勉強にかける時間が少なくて済むからです。そう考えると最短の勉強期間は約3ケ月と考えられます。

しかし、どこを受験するかによっても変わってくるでしょう。試験の難易度によっては、合格に向けての勉強時間に差が出る可能性もあります。

3ケ月はあくまでも択一試験にかける期間です。論文や専門記述については、もっと時間がかかるでしょう。

また、択一試験と一緒に勉強をしなければならないことを考えた場合は、3ケ月という期間は厳しいかもしれません。

出典公務員試験への勉強が間に合わない・・・その対策を考える | ログクリップ

公務員試験に向けての勉強はいつから始めれば間に合うのかは、個人個人によって違うでしょう。

例えば、センター試験に向けて5教科7科目の勉強をした人であれば、一般知識に関する分野の勉強については時間をかけなくて済む可能性があります。

しかし、私立だけ受験した人で国語や歴史等しか勉強しなかった人にとっての公務員試験の勉強は、センター試験受験者よりも時間をかけなくてはいけないでしょう。

出典公務員試験への勉強が間に合わない・・・その対策を考える | ログクリップ

公務員試験の勉強時間といったものは受験する試験種の科目数などによっても違いますけど、大学受験の時点でどれだけの科目を勉強してきたか?というのも重要です。

つまり、時間のかかりやすい数的処理や経済原論、自然科学などをやっていた人ほど、公務員試験の勉強時間は少なくて済む可能性があるのです。

主に国公立大学受験者、私立大学の一般入試、それ以外の入試の3つに分かれると思いますが、大学受験でより多くの科目をカバーできているのは国公立大学の受験者で、その次が私立大学の一般入試の受験者で、その次がAO入試や推薦入試の受験者になります。

こういった違いでも必要な勉強量に差があるので、公務員試験の勉強期間にも差が出るということになります。こういった部分を含めて、公務員試験の勉強はいつから始めるべきか?を考えないといけないのです。

公務員試験の勉強を始める時期は大学受験のときにどれだけの科目を真面目に勉強したか?にもかかわってくるというのは知っておきましょう。

公務員試験の勉強期間についてはこういった部分においても重要ということは頭に入れておきましょう。勉強の開始時期を間違えると、公務員試験の勉強が間に合わない可能性もあるのですが、公務員試験の勉強の始める時期については大学受験のときの勉強の仕方によっても変わるので、そこは知っておいてほしいと思います。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次