MENU
【必見】副業で月収20万以上稼ぐには?今、稼げる副業を発信中 詳しくはこちら

国税専門官の教養と専門の難易度や倍率は?筆記のボーダーラインは何点?一次試験の配点や足きりの情報

  • URLをコピーしました!

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

国税専門官の筆記試験の難易度はどうか?倍率はどれくらいか?一次試験のボーダーラインや教養、専門、専門記述の足きりはあるのか?そして、会計学の扱いはどうするべきなのか?などについて書いてみました。

目次

国税専門官の筆記試験の内容とは?

国税専門官採用試験は毎年6月中旬から始まり一次試験は筆記にて教養試験、専門試験が行われ、二次試験では人物試験、身体検査が実施されます。

第一次試験は全国の国税局の管轄内でそれぞれ行われ、筆記試験に合格した場合のみ、面接などの第二次試験を受験することができます。

出典国税専門官採用試験の難易度、合格率、倍率 | 国税専門官の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

第1次試験

◇基礎能力試験(多肢選択式)
公務員として必要な基礎的な能力(知識及び知能)についての筆記試験
出題数は40題
知能分野 27題
 (文章理解11、判断推理8、数的推理5、資料解釈3)
知識分野 13題
 (自然、人文、社会13(時事を含む。)

◇専門試験(多肢選択式)
国税専門官として必要な専門的知識などについての筆記試験
出題数は70題
<必須>
2科目(16題)
(民法・商法、会計学(簿記を含む。)
<選択>
次の9科目54題(各6題)から4科目24題選択
(憲法・行政法、経済学、財政学、経営学、政治学・社会学・社会事情、英語、商業英語、情報数学、情報工学)

◇専門試験(記述式)
次の5科目(各1題)のうち1科目選択
憲法、民法、経済学、会計学、社会学

出典国税専門官採用試験の難易度、合格率、倍率 | 国税専門官の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

国税専門官の筆記試験の難易度は高いです。国家公務員の採用試験はどこも筆記試験のレベルは高いですけど、国税専門官の筆記試験の難易度は教養も専門もそれなりに難しいと思った方が良いでしょう。

やはり教養科目もそうですが、専門科目の難易度が高いです。選択制ではありますが、見慣れない科目もあるので、事実上選択できる範囲は狭いです。

そして、国税専門官の専門科目には必須で会計学や商法など、他の試験種ではまず見ない科目もありますし、それを勉強するか?どうかで悩む人もいるのではないでしょうか?そういったところも国税専門官に受かるための難易度が高いという点になります。

実際に勉強をしてみると難しいと感じる人も多いと思いますが、国税専門官の筆記試験のボーダーラインを超えるのは大変でしょうし、専門記述もあるので一次試験に受かるにはそれもきちんとした点数をとらないといけないのです。国税専門官は筆記試験の配点が大きいです。

国税専門官の教養、専門、専門記述の配点はそれぞれ2/9、3/9、2/9となっているので、筆記試験だけで7/9となっており、面接試験は2/9です。

だから、筆記重視と言える試験種になります。国税専門官の筆記試験の配点は高いので、教養試験、専門試験、専門記述いずれもきちんと勉強をしていきましょう。

そして、国税専門官は教養試験、専門試験、専門記述には足きりがあるのではないか?とされているので、それについても知っておきましょう。

国税専門官では特に専門試験の難易度が高いと言える気がします。必要科目を見ると、一部は選択制になっていますが、商法と会計学が必須というのが特徴的です。

選択科目をどれを選ぶか?というのも重要ですけど、商法と会計学をどうするか?というのが1つポイントになります。特に会計学は国税専門官の筆記試験でも出題数が多いので、やらないというのはきついと思います。

国税専門官に受かるには会計学を捨てるという選択はあまりおすすめできません。後述しますけど、会計学は初めての人でもなんとかなる部分がありますから知っておきましょう。

国税専門官に受かりたい人はどうやって筆記対策をしていくか?も重要なので、そこも考えておきましょう。

国税専門官の一次試験の倍率は?

国税専門官の筆記試験の倍率はどれくらいか?というと、年度によって多少異なりますけど、あまり高くないです。

過去5年くらいの国税専門官の一次試験の倍率を見ると、1番高い年で3倍程度、1番低い年で2倍弱くらいです。つまり、国税専門官の一次試験の倍率はその年によって違うので、そこはちょっと理解をしておかないといけませんが、特別区や東京都庁と試験日程が同じだった年があるので、そのときには受験者数が少なかったでしょうから、倍率が低くなっていたということも言えるのではないでしょうか?

国税専門官の筆記試験の倍率は高くても3倍程度なわけですから、評価としてはそこまで高くないということが言えますし、場合によっては低い年もあるということなのです。

国税専門官の筆記試験の倍率は割と低い数字ではありますけど、だからといって簡単に通過できるというわけではないので、筆記試験の問題のレベルは高いですし、足きりを超えないといけませんし、国税専門官の筆記の合格ラインは何点か?にもよるのですが、結構難しいということは認識しておきましょう。

ただ、倍率が低い年は国税専門官の筆記のボーダーラインが下がる可能性はあるので、多少通過しやすいということは言えると思います。国税専門官の筆記試験の倍率は参考程度にチェックしておきましょう。

自分が受ける年の一次試験の倍率は結果が出てみないと分かりませんが、そこまで大きな変化はないと思います。自分でも過去の倍率はチェックしておきましょう。

国税専門官では会計学はやっておきたい

国税専門官の筆記対策では会計学はやっておくべきでしょう。

商法は出題数が少なく、初学者ではちょっと難しいかもしれませんから、全くやらないというのもありかもしれませんが、会計学は捨てるのはもったいないです。国税専門官における会計学は難易度はそこまで高くありません。

初めて学ぶので最初は覚えづらい、難しいと感じるかもしれませんが、初学者でもなんとかできないことはないですし、会計学は出題数が多いので、捨てるというのは筆記試験の合格を目指すうえでは影響としては大きいです。

会計学の難易度というのは、ほとんどが暗記なのでそこまでは高くないと思います。だから、覚えることができる人ならば、時間をかければ会計学のほとんどの範囲は問題なく覚えられると思うのです。

会計学の難易度は思っている以上に低い可能性もありますし、一部の計算が必要な範囲は捨てるのはありかもしれませんが、文章題の暗記のみで対応できる箇所については、勉強してみてほしいと思います。

国税専門官に受かるには会計学で難問とれるか?というのが重要です。必須の科目なので、会計学は捨てるのではなくて、全範囲をやらなくても良いので、できる範囲はやって、1問でも多くとってほしいと思います。

過去問のページ数も多くないので、意外と量は少ないと思います。したがって、暗記する作業を続けていけば必要な知識がどんどんついていき、会計学の問題が解けるようになっていくでしょう。

過去問と同じような問題が出やすいので、ちゃんと勉強をすればそこそこ点数はとれると思います。過去問をやれば何点か本番でとれると思うのです。

国税専門官の筆記試験のボーダーラインは?

昨年度の国税専門官の一次試験のボーダーラインは、約40点だったかと思います。この数字は、他の試験種と比べると低い数字はではないかと思います。次に、2次試験のボーダーラインは、面接の評価や専門記述の得点によるため一概には言えませんが一次試験のボーダーよりも2~4点上がると考えて頂ければ問題ないかと思います。しかし、あくまでボーダーラインは目安でしかないため、あまり気にせず最後まで頑張って下さい。

出典国税専門官試験のボーダーライン予測と試験見通し 合格者が考えてみた!|公務員試験ニュースマガジン~合格への道~

国税専門官の筆記試験のボーダーラインがどれくらいか?というのはちょっと難しい問題ですが、近年は特別区と都庁と日程がかぶり、受験者数が減少したことで、ボーダーラインも下がっていると思われます。

ただ、その後再び別日程になったようなので、国税専門官の筆記試験のボーダーラインはまた上がったようです。そして、国税専門官の筆記試験のボーダーラインとしては40~45点の間くらいになるのではないでしょうか?

確実なことは言えませんが、このあたりが国税専門官の筆記試験の合格ラインとして言われています。合格ラインが何点なのか?というのは、その年の倍率や問題のレベルにもよるので、一概には言えません。

また、国税専門官の筆記試験では専門記述もあるので、択一試験のみでは決まりませんけど、択一試験としては何割くらいとれば良いのか?というと、5割以上は必須と言えるかもしれませんが、6割なくても受かるという可能性も十分あるのではないでしょうか?

国税専門官の筆記のレベルは高いですけど、ボーダーラインはそこまで高くないので、チャンスは十分あると言えると思います。

でも、教養試験、専門試験、専門記述それぞれに足きりがあるので、それは絶対に超えないといけません。専門記述でも点数をちゃんととらないといけないので、国税専門官は一次試験で勉強しないといけないことが多くて、そこが難易度が高いと言える部分になると思います。

国税専門官は問題のレベルが高いので、ボーダーラインがやや低いといってもちゃんと勉強をしないとなかなか合格はできないと思います。国税専門官の筆記試験の難易度は高いですし、受かりたい人は教養、専門、専門記述いずれも高いレベルにもっていけるように勉強を頑張っていきましょう。

国税専門官の専門記述でおすすめの科目は?

まず皆さんに知っていただきたいのは専門記述の問題は基本的に択一式の試験勉強の範囲内である。ということです。


たとえば択一では内容の正誤が問われているところが筆記では直接記述するように求められたりします。


そのため勉強初期に行うべきことはあくまでも択一の試験勉強であり、記述のことは頭の片隅に置き、この科目ならば記述でも戦えそうかな?ということも多少考えていれば十分かと思います。

出典専門筆記は暗記で乗り越えれる科目選びを!ただし憲法は至難の道なり!|国税専門官志望者を応援するブログ(独学者推奨)

ここでみなさんに言っておく必要があるのは、国税専門官の記述試験における選択科目は5つ存在するということです。

憲法 民法 会社法 経済学 社会学

この5科目です。

どの科目でいけるのかよく考えながら選択していただきたいと思います。

ちなみに私個人の意見としては強く

経済学 会計学

この2科目を受験することをおすすめします。

理由はとっても簡単です!

この2科目は他の3科目に比べて~~

簡単なんです!

出典専門筆記は暗記で乗り越えれる科目選びを!ただし憲法は至難の道なり!|国税専門官志望者を応援するブログ(独学者推奨)

経済学

問題が簡単!

理解科目なので記述対策で理解がいっそう深まり試験に有利になる。

解説本が出ており、勉強のしやすい科目である。

続いて会計学です

この科目はおそらく国税専門官の記述試験の中で最も簡単な科目です!

記述と言っても暗記で片がつく。

問題が3問とも簡単(国税の会計学は3問の記述がでます)

現に今年の国税の問題は基本的なところの暗記3つで合格点を取れましたw

それほど簡単な科目ですので国税を第一に考えてる方がいましたら間違いなくこれです!

出典専門筆記は暗記で乗り越えれる科目選びを!ただし憲法は至難の道なり!|国税専門官志望者を応援するブログ(独学者推奨)

国税専門官の筆記試験では専門記述がありますが、専門記述の試験は難易度が高いというか、勉強が難しい可能性があります。

国税専門官の専門記述でおすすめとされているのは経済学と会計学です。多くの受験生が苦手にしていそうな科目がおすすめと言われても、本当?と思うかもしれませんが、これはいろいろな人が言っていることなので、結構本当なのかもしれないです。

経済学と会計学は他の専門記述の科目と比べて難易度が下がるみたいなので、きちんと勉強をすれば得点しやすいということが言えると思います。

したがって、国税専門官の専門記述ではどれを選択すべきか?という問題について、一応回答の1つとしては会計学と経済学というのがおすすめということになりますが、自分で勉強してみてそれで選ぶということも必要かもしれません。相性などもありますからね。

国税専門官の筆記試験の足きりはあるのか?

一つでもこの「基準点」を下回った種目があれば、たとえ総合得点で合否ラインをクリアしていても不合格となります。 たとえば平成29年度国家総合職(院卒者)を例にとると、基礎能力試験の得点が9点を下回っていると専門試験が満点でも合格とはなりません。人事院の実施する国家公務員試験では、ここ最近「基準点」は毎年一定ですが、裁判所職員採用試験では年度により変動します。なお、裁判所職員採用試験では、平成28年度より名称が「下限の得点」に変更されました。

出典平均点等のデータ|公務員試験総合ガイド

国税専門官の筆記試験では足きりがあるとされていますが、それは何点でしょうか?その数字はリンク先に公開されているので、それを見てほしいと思います。

概ね満点の2~3割程度が足きりの基準点になるみたいですが、国税専門官では教養試験、専門試験、専門記述のいずれにおいても基準点が設定されており、それを上回らないと、足きりとなって即不合格になりますから、どの科目も基準点は絶対に超えないといけないので、そこはちゃんと認識しておきましょう。

国税専門官に受かりたい人は、教養試験、専門試験、専門記述のいずれにおいても足きりは何点か?を確認しておく必要がありますが、過去の点数とそこまでは変わらないと思うので、過去の点数をチェックしておいて、その点数を超えられるように過去問などをやっていきましょう。

専門記述に関しては自分が何点くらいとれそうか?が分かりづらいですが、こちらも少しでも良い点数をとれるように頑張ってほしいと思います。

国税専門官の筆記試験は配点がそれなりに高いので、どの試験も重要ですし、一次試験は倍率がそこそこありますから、簡単には受かりません。

国税専門官に受かるには筆記試験の足きりを突破しないといけませんが、それを突破しても、ボーダーラインを超えないといけないので、筆記試験の対策は大変だと思いますが、しっかりと頑張っていきましょう。

国税専門官の筆記試験のボーダーラインも重要ですが、足きりが何点か?というのも大切なので、国税専門官に受かるにはまずは筆記対策をやっていきましょう。過去問を解いていくことで、少しでも受かる可能性が上がりますから。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次