MENU
【必見】副業で月収20万以上稼ぐには?今、稼げる副業を発信中 詳しくはこちら

ブログ記事のリライトとは?SEO効果を高める方法と注意点を徹底解説

  • URLをコピーしました!

ブログはリライトが重要って聞くけど、実際どんな風にやればいいの?
リライトするときの注意点とかあるのかな?
リライトについての初心者向けの知識と効果も教えて欲しい。

このようなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • ブログのリライトをする意味とは?【基礎知識】
  • ブログ記事のリライト方法【3ステップ】
  • リライトをするときの注意点3つ【最重要】

今回はSEO対策で検索順位を上げるためのリライト方法について解説していきます。

結論、リライトができないと検索結果で記事を上位に上げることも、維持することもできません。

ブログをリライトすると、潜在能力のある記事を検索上位表示させることが可能になったり、既にある検索上位にある記事を上位のまま保つことができるようになります。

つまり、リライトをしていないということは、気づかないうちに検索上位を逃しているということにも繋がるわけです。

せっかく検索1位や2位を目指せるのに気づかずに放っておくのってもったいないですよね?

本記事ではそうならないための対処法やリライトの仕方、リライトの重要性まで網羅的に解説しているので、なかなか上位表示ができなくて困っている方にはかなり効果や即効性があるかと思います。

最後の方にある注意点もかなり重要な部分をお伝えしているので合わせてご覧になってみてください。

前置きはが長くなりましたが、そろそろ本題に入っていきましょう。

目次

ブログ記事のリライトをする意味とは?【基礎知識】

リライトの方法を解説前に、ブログ記事をリライトするとどんな効果があるのか気になる方もいるのではないでしょうか?

まずはリライトすると得られるメリットや重要性について解説していこうと思います。

ブログのリライトをする意味は下記3つです。

  • ①:検索順位の向上効果
  • ②:記事の方向性の確認
  • ③:リライト後が1番重要

順番に解説していきます。

①:検索順位の向上効果

ブログのリライトをする意味としてまず1つ目は、検索順位の向上効果にあります。

つまり、ブログのリライトをすることで検索順位を上げることができるというわけです。

例えば、検索順位が50位にある記事をしっかりリライトすることによって、Googleが改めてそのページを評価し直す。そして検索順位が10位以内にUPということが可能になります。

リライト方法については後述していますが、なかなか記事の順位が上がらないという方は記事の内容を少し足してみたり、不要な箇所を減らしたりして見ることがおすすめです。

これから伸びるチャンスのある記事を放置するのはかなりもったいないことなので、リライト方法を頭に入れて検索順位を上げていきましょう。

②:記事の方向性の確認

ブログのリライトをする意味として2つ目は、記事の方向性の確認です。

みなさんは記事を書く前に決めた方向性と書いた後の方向性はしっかりと一致していますか?

記事を公開してから結構時間が経つのになかなか検索結果に反映されない、上位表示されない、という人は記事の方向性がぶれている可能性があります。

記事の方向性をブレずに書くためには構成案を作るのが重要でして、ブレている人は見直す必要があります。

そこで出てくるのがリライトです。

リライトの作業は記事の内容を変更するだけでなく、検索順位を確認しつつ作業することなので、同時に記事の方向性を確認することができます。

自分の中では完璧に書けていると思っている記事でも結果として順位に反映されないということは、記事の方向性が違うということと同じです。

今までリライトをしてこなかった人も今回をきっかけにリライトでしっかりと記事の方向性を確認していきましょう。

また、キーワード選定が正しくできていない人はスタートの地点で間違っている可能性がありますので、キーワード選定が内容に一致しているか確認しましょう。

③:リライト後が1番重要

ここまででリライトをする重要性は分かったという方は安心してはいけません。

実はリライトにはもう1段階必要なことがあり、リライト作業する→検索順位が上がった→終了、これだけではダメだということです。

つまり、まとめると、

ダメな例:リライト作業→検索順位UP→終了

良い例 :リライト作業→検索順位UP→検索順位確認→リライト作業…

上記のようにリライト後の検索順位の動きを確認し、必要に応じて繰り返しリライトをするという作業が大切になってきます。

リライトをして順位が上がったからといって、一喜一憂していてはリライトの意味がありません。

トップブロガーの記事が常に上位をキープしている理由はそこにあります。

リライトは繰り返すことで効果が出てくることを理解しておきましょう。

ブログ記事のリライト方法【3ステップ】

ここからは実際にブログのリライト方法について解説していきます。

3つのステップは以下のようになります。

  • ステップ①:リライト記事の選別
  • ステップ②:目的に合ったリライト作業
  • ステップ③:検索順位をチェックして答え合わせ

順番に解説していきます。

ステップ①:リライト記事の選別

まず最初は、検索上位に上げたい記事を選定して、リライトしていきましょう。

選ぶ基準は以下のようになります。

リライト選別基準
・検索流入が見込める内容の記事
・SEO検索順位が50位以内の記事
・公開して1ヶ月以上が経過している記事

基本的には上記の3つが満たされた記事をリライトしていきましょう。

 よくある質問:SEO検索順位50位圏外の記事はどうするの?

記事を公開して1ヶ月以上経っても50位圏外の人は、1ヶ月ではなく3ヶ月くらい待ってみましょう。

なぜなら、ブログの記事を公開してから順位が安定するのに3ヶ月くらいかかると言われているからです。

50位以内の記事は見込みがある記事なので、1ヶ月目くらいの初動を見てリライトすることで効果が出てきます。

まずは自分がリライトすべき記事を正しく選別してから次のステップに移りましょう。

ステップ②:目的に合ったリライト作業

リライトをする記事が決まった人は目的にあったリライト作業をしていきましょう。

なぜ目的にあったリライトをするのかというと、目的のないリライトはゴールの見えないマラソンと同じだからです。

自分がリライトする記事に対してどのようなことを対策するのかをしっかりと決めておくことが大切になります。

目的別でリライト作業をするとしたら下記のように分けて考えることがおすすめです。

①:滞在時間が短い→内部リンクの追加、内容の追加
②:アクセス数が少ない→タイトルとディスクリプションの変更、競合サイトの分析

順番に解説していきますね。

 ①:滞在時間が短い

滞在時間はGoogle Analyticsで確認できます。

滞在時間は長ければ長いほど「良質な記事」とGoogleに認識されるので、滞在時間が短い人は延ばす必要があります。

目安として下記をご覧ください。

1000文字:1分程度
2000文字:3分程度
3000文字:4分程度

上記に満たないという方は改善が必要になります。

滞在時間が短い方の具体的な対処法は先程紹介した「内部リンクの追加」と「内容の追加」です。

内部リンクを入れることで回遊率を上げることができ、内容を追加することで長く記事を読んでもらえることに繋がります。

 ②:アクセス数が少ない

アクセス数も先程紹介したGoogle Analyticsで調べることができ、アクセス数が少ないということは上位表示が厳しいのに加え、ユーザーの検索意図が正しく設定されていないまま記事を書いている可能性が高いです。

検索意図が正しく満たされていないという方は「タイトルとディスクリプション(記事の概要文)の変更」「競合サイトの分析」のリライトが必要になります。

まずは競合サイトを調べて上位10件くらいのタイトルとディスクリプションを確認していきましょう。

今回は「ブログ 記事 書き方」というキーワードで記事を書いた場合を例に解説します。

検索結果の上位は画像の通りで、全ての記事のタイトルに「ブログ 記事 書き方」というキーワードが含まれています。

次にディスクリプションを見てみると、多くのキーワードが散りばめられているのがわかります。

まとめると、

  • タイトルにキーワードを必ず含める(前半に置く)
  • ディスクリプションにキーワードを盛り込む

実は記事タイトルの前半にキーワードを置くのもポイントでして、タイトルは32文字以上が表記されないため、後ろにキーワードを置いてしまうとGoogleにキーワードを認識してもらいにくいです。(NGな例:『売上がUPして毎日30万円稼げるようになったブログ記事の書き方』)

基本的なリライト作業はここまでで、このように目的にあったリライト作業を分けてやっていきましょう。

ステップ③:検索順位をチェックして答え合わせ

リライト作業が終わった方は検索順位をチェックして答え合わせをしていきましょう。

もう1度確認しておくと、リライトの作業は以下の一連で出来上がっています。

ダメな例:リライト作業→検索順位UP→終了
良い例 :リライト作業→検索順位UP→検索順位確認→リライト作業…

しっかりと検索順位を確認して50以内の記事はどれなのか?どの記事をリライトすべきなのかを把握しておくのが大切です。

そして、記事を公開した後の順位を確認することで改善策が見えてきます。

改善策が見えてくるとPDCAをうまく回せるようになるので結果的に、アクセス向上→収益UPという好循環を生むことが出来るので、ぜひ実践していきましょう。

ちなみに検索順位チェックはRank Trackerで計測することができます。(月額にすると1000円ほどなのでかなりコスパ最強ツールです。ここで惜しまずに先行投資として活用しましょう。)

ブログ記事をリライトをするときの注意点3つ【最重要】

最後に最重要であるリライトをするときの注意点3つを紹介していきます。

注意点3つは以下になります。

  • ①:検索順位が必ず上がるわけではない
  • ②:明確な目的なしのリライトは価値なし
  • ③:1回だけでは効果を発揮しない可能性あり

順番に解説していきます。

①:検索順位が必ず上がるわけではない

注意点1つ目は、リライトしたからと言って、検索順位が必ず上がるわけではないということです。

リライトを始めたばかりの人にあるあるなのですが、リライトをすれば順位が必ず上がると勘違いしている人がいます。

それは間違いでして、逆に順位が下がることだってあります。

とにかくリライトをすれば検索順位が上がると考えてしまっていると、リライトをしなくても良かった記事に悪影響を及ぼします。

SEO対策では、記事の順位は時間をかけてゆっくり上がっていくことを忘れず、検索意図をしっかりと満たしたリライトを心がけていきましょう。

②:明確な目的なしのリライトは価値なし

これもよくある勘違いでして、Twitterなどを見ていると「完璧なリライトをした」と言いつつ意味のないリライトをしている人は少なくはないです。

本記事で何度もお伝えしていることですが重要なので伝えておくと、目的のないリライトは、ゴールの見えないマラソンと同じなのでやめましょう。

今回紹介した下記のように、

①:滞在時間が短い→内部リンクの追加、内容の追加
②:アクセス数が少ない→タイトルとディスクリプションの変更、競合サイトの分析

しっかりと目的に分けて、本当に必要な記事に適切なリライトをするようにしましょう。

③:1回だけでは効果を発揮しない可能性あり

結論、リライトは1回だけで終わりではありません。

リライト作業→検索順位UP→検索順位確認→リライト作業…

上記のように繰り返し行うことで順位が徐々に上がってきます。

例えば、

記事公開→1ヶ月経過、順位チェック
↓リライト1回目
記事更新→1ヶ月経過、順位チェック
↓リライト2回目
記事更新→1ヶ月経過、順位チェック

というように、重要なのはリライトするだけではなく順位もしっかりとチェックすることです。

リライト方法を習得し、定期的に記事のメンテナンスをしていきましょう。

まとめ:ブログのリライトは最強のSEO対策【結論】

いかがでしたでしょうか?今回はブログをリライトする方法から重要性まで解説してきました。

少し厳しいことを言うと、リライトしなくてもあんまり関係ないんじゃないの?と考えている時点ではなかなか上位表示はできません。

今回紹介した3つのステップを意識しながらリライトをすることで、記事の順位が上がり、より読者目線で記事を書けるようになります。

リライトの作業はブログ初心者の人でも上級者の人でも関係なく重要なので、コツコツ対策をして順位を上げていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次