MENU
【必見】副業で月収20万以上稼ぐには?今、稼げる副業を発信中 詳しくはこちら

AirPodsが耳に合わない場合の対処方法は?耳から落ちない付け方を徹底解説します

  • URLをコピーしました!

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

AirPods(エアーポッズ)は、耳の形に合うかどうかに関して個人差がある製品です。

実際に使用していてフィット感がないと感じることもあるかもしれませんし、購入を考える際には自分の耳に合うかどうか不安に思うこともあるでしょう。

そこで本記事はそんな悩みを解決する方法を解説していきます。

本記事の内容

  1. AirPodsが自分の耳に合うか確かめる方法
  2. 耳にフィットしなかった場合の対処法
  3. AirPodsが耳から絶対に落ちない付け方
目次

AirPods(エアーポッズ)が自分の耳にフィットするか確かめる方法

AirPodsを購入してから、自分の耳に合わないことに気付くのは絶対に避けたいでしょう。

私の知人の中にも、耳から落として紛失してしまった人が何人かいます。購入前に自分の耳に合っているか確認することは必要事項でしょう。

EarPodsで確かめる

iPhoneを買うと付いてくるイヤホンがEarPodsと呼ばれるものです。

iPhoneユーザーはEarPodsを装着することで、自分の耳に合っているかを確認出来ます。

実際に装着してみて外れてしまう場合は、合わないということになります。

ただし、この後紹介するAirPods専用のアクセサリーを使えばフィットするようになるので、EarPodsと相性が悪くても落ちないように対策することも可能です。

耳の形で確かめる

AirPodsは耳の穴の形にはまり込むように設計されています。したがって耳の溝が浅い場合には、中々安定しません。

  1. 耳の溝が浅い
  2. 耳の軟骨が左右に広がっている

上記どちらかに当てはまっている人は、装着してもイヤホンが取れやすい耳の形です。

詳細な手順

EarPodsが自分の耳に合うかどうか確かめる手順は下記のとおり。

  1. EarPodsの装着: まず、EarPodsを取り出し、通常通り耳に装着します。EarPodsが耳にどのようにフィットするかを確認します。
  2. 音楽再生: EarPodsがしっかりと耳にフィットしていることを確認したら、お気に入りの音楽を再生します。音楽を再生することで、イヤホンが耳にしっかりと留まり、音楽の品質や音量が適切であることを確かめましょう。
  3. 運動や動き: EarPodsを装着したまま、軽い運動や頭を左右に傾ける動きをしてみてください。これにより、イヤホンが耳から外れにくいかどうかを確認できます。安定感があり、耳にしっかりとフィットしている場合は問題ないでしょう。
  4. 快適さ: EarPodsを装着している間、イヤホンが耳に圧迫感を与えず、快適であることを確認してください。長時間付けていて痛くなりやすい場合は合っていない可能性が高いです。

以上のステップを実行することで、EarPodsをが自分の耳に合うかどうか確認することができます。AirPodsを購入前に試着できる場所で試してみることもおすすめです。

AirPods(エアーポッズ)が耳に合わなかった場合の解決方法

「AirPodsを買った後にフィットしないことに気づいた…」
「AirPodsを買いたいけど自分の耳に合わないみたい…」

このような人でも専用のアクセサリーを使用すれば、問題なくAirPodsを使うことが出来ます!

イヤーピースで滑り止め向上

一つ目の対策として、イヤーピースを装着することで、耳からずり落ちにくくなります。

イヤーピースには異なるサイズや形状があり、あなたの耳に合ったものを見つけることが大切です。

特に下記のイヤーピースは、Amazonでの評価も非常に高く、私も愛用しているためおすすめします。

もし上記を試してみても、AirPodsが耳から落ちそうで不安な方は下記の形のイヤーピースがおすすめです。

ただし、このイヤーピースは充電ケースに入れる前に取り外さなくてはいけないいところが手間です。

AirPods Pro(エアーポッズプロ)を購入する

AirPodsは耳に合う合わないがハッキリしていますが、AirPods Proの場合はカナル型なので耳にフィットしやすいです。

外の音を取り入れるようにしたり、周りの音を完全に遮断したりなど機能が増えたイヤホンです。

他のイヤホンを検討してみる

「AirPodsが耳にどうしても合わない、AirPods Proは高い」

上記の場合は、他のイヤホンを選びましょう。

そこでワイヤレスイヤホンの場合はSONYの製品がおすすめです。価格も比較的安く、首にかけてることもできるため落ちてしまう心配もありません。

AirPods(エアーポッズ)が耳から絶対に落ちない付け方

AirPodsの間違った付け方をしていると、耳から落ちてしまう可能性があります。

ここでは落とさないように注意しておくべきポイントを解説します。

AirPodsを正しく装着する

正しい方法で装着すれば、AirPodsをしっかりと耳に固定し、落ちないようにすることができます。以下は、その秘訣です。

1. 適切なサイズのイヤーピースを選ぶ

まず最初に、適切なサイズのイヤーピースを試してみましょう。正しいサイズのイヤーピースを選ぶことで、耳にしっかりとフィットし、安定感が向上します。

2. イヤーピースを正しく装着する

イヤーピースのサイズを選んだら、正しく装着することが重要です。下記の手順です。

  • イヤーピースを指でしっかりとつまみます。
  • イヤーポッドを耳に挿入する際、軽く回転させてしっかりと耳の中にホールドされるようにします。
  • イヤーピースを耳に収め、外部音が遮断されるように装着します。

カスタムメイドのイヤーピースを検討

最終的な解決策として、カスタムメイドのイヤーピースを考えることができます。

特注で自分の耳の形に合わせて作ってもらえるので、最高のフィット感を提供します。一度作ってしまえば、長期間にわたって使えるので最高の投資となるでしょう。

資金に余裕のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

取り外し時に注意する

AirPodsは非常に軽くて小さい製品です。

それゆえに、上記が原因で取り外しする際に落としてしまうこともしばしばあります。

取り外しをする時・充電ケースに出し入れする時に気を付けることは当然ですが、落としたら取れなくなる場所では取り外ししないようにしましょう。

ケースから取り出す時、本体の表面がつるつるしているため滑ってしまうこともあります。イヤーピースが付いた状態でケースに入っていると、滑らず取り出すことが可能です。

着けたままケースに入れられるイヤーピースは耳からの落下防止にもなるだけでなく、取り出すときの滑り止めにもなるので非常に重宝します。

まとめ

この記事ではAirPodsが耳に合わない場合の解決方法についてまとめました。

  1. 相性はEarPodsや耳の形で確かめる
  2. 耳に合わない時はイヤーピースで対処
  3. 落とさないように正しく装着する

結論:AirPodsのイヤーピースは非常に便利でおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次