SHUSEI GRAPH Written by Shusei Kurasawa

【Instagram】「スレッドを作成できませんでした」エラーを修正する方法

Instagram SOCIAL MEDIA

コハク猫
コハク猫

インスタでDMを送ろうとしたら「スレッドを作成出来ませんでした」と出てくるんだけど、どうしたら直るの?

このような悩みに答えます。

Instagramの「メッセージ」機能を使おうとした際に、「スレッドを作成できませんでした」というエラーが表示されてしまい、メッセージ画面が開けない・送信できない問題が発生するユーザーが急増しています。

Twitterでハッシュタグ#instagramdownと検索して、他のユーザーが同じ問題に直面しているかどうかを確認できます。

このエラーが表示される原因は基本的にユーザー側の問題ではなく、Instagramサービス側に障害が生じているために起こります。

本記事では「スレッドを作成出来ませんでした」 というエラーが発生した理由、エラーの修正および防止する方法について解説します。

NFT・仮想通貨を始めるならコインチェックで無料登録

>>無料でコインチェックを開設してみる

コインチェック

そもそもスレッドとはなに?

スレッドを作成できませんでした。
何らかのエラーが発生しました。後ほどもう一度実行してください。

表示されているエラーメッセージにある「スレッド」とは、相手にメッセージを送る際の「投稿場所」を指しています。

つまり「スレッドを作成できませんでした」とは、メッセージの投稿場所を作成することができませんでした、という意味になります。

普段Instagramを利用する際には、「スレッド」という言葉は一切出てこないため、困惑された方も多いと思います。

Instagram(インスタグラム)で「スレッドを作成できませんでした」というエラーが表示される理由は?

原因①:Instagramで発生中の障害

Instagramのダイレクトメッセージがサーバーダウンしているためにエラーが発生する可能性があります。Instagramの状態はDownDetectorというWebサイトから確認できます。

同様のエラーメッセージが表示されているユーザーが急増している場合は、Instagramがダウンしている可能性が高いです。

このような場合、Instagramでダイレクトメッセージを送信することは一時的にできなくなります。数時間、24時間、またはそれ以上続く場合があります。

このエラー表示を含め、Instagramでエラーが表示されるユーザーが急増しているときには、Instagramのサービス側で大規模な障害が発生している可能性が高いです。

原因②:一度に送信するダイレクトメッセージが多い

Instagramから「スレッドを作成できませんでした」というエラーを受け取った場合は、一度に送信したダイレクトメッセージが多すぎる可能性があります。

ダイレクトメッセージ(DM)を一度に他の人に送信しすぎた場合、Instagramは一時的にダイレクトメッセージをブロックします。

これはInstagramが、自動化されたダイレクトメッセージを送信するボット(Bot)である、あるいはダイレクトメッセージ機能を悪用していると見なすためです。

「スレッドを作成できませんでした」エラーを修正する方法

Instagramで「スレッドを作成できませんでした」のエラーを修正する方法として、基本的には復旧するのを待つしかありません。

ダイレクトメッセージ(DM) の使用不可は最大24時間以上続く場合があります。エラーは時間が経てば解決されます。

またメッセージのエラーについては、「閉じる」をタップした後もう一度「メッセージ」をタップして開き直すことを何度か繰り返しているうちにエラーが発生しなくなる場合があります。

何時間も待てないよ!」って方は何度かメッセージボタンをタップして開くかどうかを試してみる操作を行ってみてください。

「スレッドを作成できませんでした」エラーの表示を回避するための防止策

「スレッドを作成できませんでした」というエラーが起こらないようにするためには、3つの方法があります。

以下、3つの防止策を紹介します。

防止策①:他の人に繰り返しメッセージを送るのをやめる

「スレッドを作成できませんでした」のエラーを防ぐためには、他のユーザーに繰り返しメッセージを送信するのをやめる必要があります。10分間隔で他の人にダイレクトメッセージを送信するようにしましょう。

DMを繰り返し送信する行為を、Instagramはボットやスパムと判定し、DMを一時的に使用不可にする可能性があるためです。

防止策②:Botや自動ツールの使用などを控える

防止策①と理由は同じ。ダイレクトメッセージは必ず手動で入力するようにしましょう。

防止策➂:同文面のメッセージを何度も送らない

同じ文面のダイレクトメッセージを別のユーザーに何度もコピーして貼り付け送信するのはやめましょう。

同じ内容の文章であっても、表現を変えて送ることをこころがけましょう。

例えば:

  • 「こんにちは、私はSHUSEI BLOGの管理人です!」
  • 「こんにちは、ぼくはSHUSEI BLOGの編集長です! 」
  • 「こんにちは、私はSHUSEI BLOGというブログをやっています! 」

まとめ

Instagramで「スレッドを作成できませんでした」というエラーが表示された場合は、他のユーザーにメッセージを送信するのをやめ、1日(またはそれ以上)待ってみてください。

Instagramのサーバーがダウンした場合、Instagramがそれに対応するまで出来ることはほとんどありません。

急用の場合、メッセージが送信できないとイライラしますが、辛抱強くDMが「クールダウン」するのを待ちましょう。

以上がInstagramで「スレッドを作成できませんでした」のエラーを修正する方法についてでした!最後まで読んでいただきありがとうございました!

コインチェック