SHUSEI GRAPH Written by Shusei Kurasawa

【裏技】YouTubeの低評価(バッドボタン)数をもう一度見る方法

SOCIAL MEDIA YouTube

悩む人「急にYouTubeの低評価数が非表示になったけど、無いと少し不便だよね。もう一度見られるようになる方法ってないのかな。」

本記事では、このような疑問に答えます。

まず背景として、
2021年11月10日、YouTubeは低評価の数を非公開とするアップデートをおこないました。YouTube公式によると、このアップデートは、嫌がらせや荒らしなどの攻撃を軽減するためだそうです。

低評価の「非表示」は、今まで何度も論争を引き起こしています。

たとえばYouTubeの元共同創設者であるジョード・カリム氏は、このアップデートを批判しています。
YouTubeの共同創設者、「低評価非表示」はプラットフォームの衰退を招くと批判

彼の主張は以下の通り。

  • 低評価数は、ユーザーが不適切なコンテンツを簡単かつ素早く判断するのに役立っている。
  • プラットフォーム側が介入すべきことではない。

確かに僕自身も、いいねと低評価(バッドボタン)の比率を見て、コンテンツの良し悪しを判断したりします。ないと困るってほどではないけど、少し不便になるな~、と感じる方も多いのではないでしょうか。

ここで、今回はYouTubeの低評価(バッドボタン)数を、もう一度見る方法を解説していきます。

YouTubeで「低評価数」を再び表示する方法

YouTube で低評価数を再び表示するには、Chromeの拡張機能 に 「Return YouTube Dislike」を追加する必要があります。

ここで拡張機能と言われて「?」と思う方も、難しくないので安心してください。便利な機能なので、この際覚えておくと役立ちます!

ChromeなどのWebブラウザは、「Webサイトを閲覧する」という基本機能を持っています。拡張機能とはこの基本性能に加えて、いろいろな機能を追加していくことを言います。

手順①chrome ウェブストアで「Return YouTube Dislike」を検索します

手順②「chromeに追加」ボタンをクリックします

手順➂「拡張機能の追加」ボタンをクリックします

手順④拡張機能が追加されたことを確認してください

※もし表示されていない場合は、横のパズルピースアイコンを
クリックすると見つかるはずです。

手順➄YouTube動画に移動して「低評価数」が表示されているか確認します

試しになんでもいいので、ブラウザ上でYouTube動画を表示してみてください。この通り、低評価数が見られるずです。

※もしうまくいかない場合は、chromeブラウザを一回閉じるまたは、PCを再起動させてみてください。

以上、YouTubeで低評価数をもう一度表示させる方法について解説しました。
それでは充実したYouTubeライフを。